知らなきゃ損!出産内祝いの大事な3つのポイント

出産内祝いを贈るには最低限のマナーを知っておく!

kosodate-net

最低限のマナー

出産内祝いは、3つのポイントを抑えることで、最低限のマナーをクリアすることが出来るので安心できます。また、出産内祝いを選ぶ際には通販を利用することで、効率よく選ぶことができます。

知らなきゃ損!出産内祝いの大事な3つのポイント

内祝い

相場を知っておこう

出産内祝いの原則は知っている人が多いと思いますが、基本的には頂いた金額の半返しをするのがマナーと言われています。ちょうどで返す必要はありませんが、目安をして頭に入れておきましょう。

渡す時期

産後100日までは行事が立て続けに続いてしまいます。その中でも最も良いと時期は生後30日前後です。その時期になると出産祝いをいただくことも増えてくるので、一ヶ月のタイミングを狙うと良いでしょう。

のしの書き方

意外に知られていないのですが、のしにも大事なポイントがあります。のしは命名を披露することも兼ねて、子供の名前を記入します。また、表書きには出産内祝と記入し、水引は蝶結びにすることがとても大事です。

内祝いのタイミングを確認しよう

出産祝いを貰って一ヶ月経つのですが、大丈夫ですか?

産後が忙しいことは、出産祝いをくれた方もご存知だと思います。なので、お詫びをいつつ、しっかり出産内祝いを渡すようにしましょう。落ち着いた頃に、まとめて送っても、マナー違反にはなりません。

弔事がある方にはどのタイミングで渡すべきですか?

出産と弔事が重なってしまった場合には、弔事を優先するようにしましょう。相手への気遣いをすることが大切です。渡す際には、感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。

準備はどのくらいから始める?

出産前には、贈る人のリストアップをしておくとスムーズに進みます。リストアップする際には、結婚祝いをくれた方などをリスト化すると良いでしょう。また、内祝い品もある程度絞っておきましょう。

広告募集中